平成23年度 八ツ面小学校 学校評価に関するアンケート結果

 

魅力ある学校づくり委員(学校評議員) 

A:納得できる B:ほぼ納得できる C:あまり納得できない D:まったく納得できない

項目

       診  断  内  容

 1


 

校訓「勤勉」、学校教育目標「よく学び すすんで働き きまりは正しく 明るくたくましく」や、経営の方針「明るく、あたたかく、美しい学校づくり」は、地域や家庭、時代等からの要望にあっている。




 




 




 




 

 2

 

学校独自の教育活動を行うように努め、八ツ面山などの地域の自然を生かしたり、食育や本物体験学習に取り組んだり、特色ある教育活動を実践している。



 



 



 



 

 3

 

学校は、基礎基本の学力を向上をめざし、「生きる力」の育成を図り、子どもの能力・個性を理解し、ひとり一人に対応した指導をしている。



 



 



 



 

 4
 

先生は、豊かな心や命を大切にする態度を育て、いじめのない学校づくりに努力している。





 5
 

先生は、子どもの能力や努力を公平に評価したり、子どもの人権を尊重したりする姿勢をもっている。





 6
 

児童会活動、部活動などを支援し、子どもの自主的な力を育てつつ、活性化させて、子どもたちの励みとなっている。





 7

 

PTA活動は、盛んであり、参観や来校の機会なども多く設定され、保護者や地域の方々にも開かれた学校となっている。



 



 



 



 

 8
 

学校施設は、よく整備され、有効に活用され、落ち着いた学習環境になっている。





 9
 

地震、台風、火災等の災害への対応や不審者対策、防犯などの危機管理が十分なされている。





10
 

地域に、学校の教育方針をわかりやすく広く伝えたり、学校からの情報発信を積極的に行ったりしている。





                                   <10名中>

  気づかれたこと等どんなことでも結構です。あったらお書きください。


・八ツ面山再生への取組については、地域ぐるみの活動として大変良いことで今  後も続けていただきたい。
・トイレの臭いが気になります。この中で給食を食べているのは気の毒です。
・冬のインフルエンザ対策として、ストーブ・加湿器の有効利用をお願いします。
・学校であった保護者とのトラブル、児童のトラブル(事故やいじめ等)できるだ けPTAにも情報を流してください。
・交通指導日に集団登校する児童に会うが、あいさつが返ってくる子は少なく、  眠い様に見え、元気がない。朝食をしっかり食べているか心配する。
・朝うつむいて歩く子が多い。家庭でも「あいさつ」を心がけ、余裕をもってあい さつを言える時間を過ごせるともっと笑顔が見られ、元気よくあいさつを返して くれると思う。「早寝・早起き・朝ご飯」をしっかり呼びかけ、笑顔で登校して 欲しい。(地域の方)
・朝の部活練習のため、7時前に家を出るのは早すぎるのではないか。(地域の方)
・お母様方より給食についての話題を多く聞きました。
・よくわからない項目もありました。
 

  八ツ面山再生活動やヒメタイコウチ生息地の環境保全に関わる活動について、

     高い評価をいただいている。年々、関心をもち、参加してくださる方も増えて

     いるのでご理解とご協力がいただけるものと考えている。

施設面での評価については不十分であると考えられている。学校としても同じ

思いはあるので、今後も市に継続してお願いをいていきたい。

「あいさつ」については、学校と家庭が連携して声かけしていかなくてはいけな

  いことである。学校としても児童会の子どもたちと話し合ってあいさつ運動等

  に取り組んでいきます。

給食指導については学級独自なやり方に偏らないよう、職員の共通理解を十分

  に図っていく必要性を感じています。あいさつ同様に家庭での協力もお願いしたい。

 

 

(職員用)                

A:納得できる B:ほぼ納得できる C:あまり納得できない D:まったく納得できない

項目

       診  断  内  容




 

校訓「勤勉」、学校教育目標「よく学び すすんで働き きまりは正しく 明るくたくましく」や、経営の方針「明るく、あたたかく、美しい学校づくり」は、地域や家庭、時代等からの要望にあっている。


19

 


17

 


0

 


0

 



 

学校独自の教育活動を行うように努め、八ツ面山などの地域の自然を生かしたり、食育や本物体験学習に取り組んだり、特色ある教育活動を実践している。


26
 


11
 


0
 


0
 



 

学校は、基礎基本の学力を向上をめざし、「生きる力」の育成を図り、子どもの能力・個性を理解し、ひとり一人に対応した指導をしている。


15
 


19
 


2
 


0
 


 

教師は、豊かな心や命を大切にする態度を育て、いじめのない学校づくりに努力している。

17
 

18
 

1
 

0
 


 

教師は、子どもの能力や努力を公平に評価したり、子どもの人権を尊重したりする姿勢をもっている。

17
 

18
 

1
 

0
 


 

児童会活動、部活動などを支援し、子どもの自主的な力を育てつつ、活性化させて、子どもたちの励みとなっている。

12
 

20
 

4
 

1
 



 

PTA活動は、盛んであり、参観や来校の機会なども多く設定され、保護者や地域の方々にも開かれた学校となっている。


8
 


24
 


4
 


1
 


 

学校施設は、よく整備され、有効に活用され、落ち着いた学習環境になっている。

3
 

16
 

17
 

1
 


 

地震、台風、火災等の災害への対応や不審者対策、防犯などの危機管理が十分なされている。

4
 

22
 

8
 

3
 

10
 

地域に、学校の教育方針をわかりやすく広く伝えたり、学校からの情報発信を積極的に行ったりしている。

13
 

22
 

2
 

0
 

 

気づかれたこと等どんなことでも結構です。あったらお書きください。


・教科で使いたい備品が少ない。また古くて壊れていて使いにくい。(TVは使っていないから地震時 への対応で撤去した方がいい。算数や体育備品)
・音楽室のとなりが学習室だが、演奏している時うるさくないか心配(夏など窓が開いている時に)
・学校施設の老朽化(西トイレ、体育館、プール、運動場、教室のロッカー)
・子どもたち一人一人をじっくりみる時間が欲しい(ふれあいセンターに学習サポート機能をもたせ られないか)
・学校行事を減らし、学習に取り組む時間を確保したい。(「行」にならない行事が多い)
・学校から配付されるプリントが多すぎる。
・各学級担任の意識次第で項目3〜6は成果が現れると思う。来年度は学年学級を中心に項目3〜5 を指導部会と児童会や高学年を中心に項目7を重点的に改善していけたら魅力ある八ツ面小になる のではないか。
・家庭でのしつけが保護者に協力していただけるとありがたい。

 

 特色ある教育活動についての評価は高くなっている。ここ数年取り組んできた八ツ

   面山再生にかかる授業が職員・児童ともに浸透してきていることを物語っている。

学校施設や設備に対する評価はやや低い。校舎・設備の老朽化に伴うことが大きい。

学校で工夫できることはやっていきたいが、市へお願いしなくてはいけないことも多い

と考えている。

項目3〜6については、Bの評価が多い。八ツ面小学校の職員として、まだやれること

があると思っていると捉えた。今後の課題としたい。

項目9・10についても、学校が抱える切実な問題として、今後十分に検討していきたい。